もっと見たい、食べたい!
関西のお手頃なランチとスイーツを紹介中! スイーツには昼食以外のおやつ・間食を含みます。昼食のパン類は、ランチに分類し、基本的に価格は、消費税込みです♪

仙台牛たん森商店イオン桂川店

イオンモール京都桂川店に来たので、気になっていた仙台牛たん森商店に寄る。仙台牛たんとあるから、仙台に本店のある店かと思ったら、お好み焼き「京都 錦 わらい」や京風うどん「葱太郎」、味噌ラーメン専門店「麺場 田所商店」をプロデュースする、京都府宇治市が本社の(株)治元の店舗だった。


gyutan1gyutan3
gyutan2


男性陣は、牛たん定食=牛たん6切・テールスープ・麦めし 1674円を注文。テールスープには、しっかりテールが浮かぶ。牛たんは、部位を厳選、手切り、手振り塩にこだわり、強火の炭火で焼き上げ、肉汁を閉じ込めてある。


gyutan4
gyutan5gyutan6


家族でシェアした、仙台あおば餃子(5個) 529円は、仙台特産の葉野菜:雪菜をたっぷり練り込んだ緑色の餃子。もちもちの皮と具は、体に優しいヘルシーな美味しさ。次回は、女性陣が食べた、牛たんひつまぶし1782円に挑戦したいね3.5


仙台牛たん森商店イオンモール京都桂川店
住所 京都市南区久世高田町376-1
 イオンモール京都桂川2F
営業 10:00~23:00(LO22:30)
定休 不定休(イオンモール京都桂川に準ず)
カード 可
幼児 椅子、お子様ランチあり


gyutan7

テーマ:肉料理 - ジャンル:グルメ

参伍拾家 太平一

祖母の通院帰り、京阪・中書島駅近くで、気になっていた太平一。別看板に、参伍拾家とあり、参伍拾家 太平一(みごとや たいへいいち)が正しいようだ。本日の日替りランチ12:00~14:00は、イワシフライと、焼魚・サバだったので、両方550円を注文する。


taihei9taihei1
taihei2


ランチは、魚、ご飯、味噌汁、小鉢2つ、香の物つき。小鉢は、小松菜と油揚げの煮浸しと、竹輪とゴボ天・薩摩揚げの炊いたんイワシフライは、揚げたての1.5尾で、まずレモンを絞る。次に特製のタルタル、最後に手元にあったのを掛けたら、ソースだった。


taihei5taihei4
taihei3


フライには、どちらかと言えば、醤油派だけれど、ソースも嫌いではない^^  味噌汁は、家庭の味。本日の香の物は、ごま高菜漬けで、ご飯と食べても美味しい。


taihei7taihei6
taihei8


祖母が食べた、焼きサバも、よい感じ。参伍拾家の名前は、夜の居酒屋メニューの殆んどが、350円だかららしい。残念なのは、元のお店はスナックだったのか、カウンターの椅子が狭くて高く、年配者には座りにくい3.5


参伍拾家 太平一(ミゴトヤ タイヘイイチ)
■住所 京都市伏見区南新地59-1 パラツッオ伏見1F
■営業 月~金12:00~14:00、17:00~23:00
 土19:00~23:00
■定休 日曜日

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

プチスプーン、ABCランチ

~やんちのきっちん~ プチスプーンへ、11時台に入店する。日替わりランチメニューは、Aランチ(670円):サバの生姜煮とカラアゲ、Bランチ(820円):スパゲッティミートソース・ポークカツ添え、Cランチ(920円):ハンバーグステーキとカキフライの3種類。


petits1petits2
petits3


気分は、煮魚でもパスタでもなかったので、Cランチ:ハンバーグステーキとカキフライを選ぶ。今冬の牡蠣は、カキ入れすぎモダン焼き以来、たぶんこれで、シーズンは終わりかなぁ^^ 


petits4petits5


最初のカキフライは、特製タルタルソース(隠れている赤いのは、しば漬け?)で。次は、醤油派なのでテーブルにあった醤油で食べる。細かいパン粉で仕上げられたカキフライは、熱々で良い感じ


petits6
petits9petits10


ハンバーグには、トマトを効かしたデミグラスソースが掛かり、中はしっとりと、きめが細かい手作りハンバーグ。「やんち」が誰か?聞けなかったが、たぶん丁寧な仕事をするシェフだろう


プチスプーン(Petit Spoon)
■住所 京都市南区吉祥院池田南町18-4
■営業 月~土11:30〜14:00 (L.O)
■定休 日曜日 • 祝日
 前に4・5台


petits7petits8
2/14 吉祥院天満宮:元旦に、酉と葉ボタンを紹介した菅公聖蹟二十五拝 第4番の弁財天と梅。菅原道真公のへその緒を埋めた胞衣塚(えなづか)。

テーマ:洋食 - ジャンル:グルメ

流れ鮨三代目おとわ 伏見店(7)

先月まで、「冬の味覚おすすめ七撰」キャンペーンが実施されていた流れ鮨三代目おとわ 伏見店へやって来た。後半の紹介は、旬の軍艦三昧464円から。左より、鱈白子、あん肝、なまこ。主役級が、一諸になった贅沢なセット


3otowa47
3otowa513otowa53
3otowa52


鱈白子は、ほんのり甘く濃厚な、素材の味を生かした一品。このナマコは、クロコ(黒ナマコ)だろうか? コリコリした食感がたまらない、コラーゲンたっぷりな冬の味覚。あん肝は、100円寿司に多い水っぽいのではなく、しっかり固形^^


3otowa543otowa55
3otowa56


甲いか172円には、飾り切りが入って、食感を変えてある。梅しそ手巻129円は、有明海で、たっぷり海水と太陽の光を吸収した、旨み豊かな歯切れのよい海苔を使用。この記事では、普段はあまり食べない、なまこの軍艦が、おススメ


流れ鮨三代目おとわ 伏見店 HP
■住所 京都市伏見区横大路芝生34
■営業 月-金11:00~14:00、17:00~22:00
 土・日・祝 11:00~22:00
■定休 無休(1/1を除く)
■クレジット 可


過去の流れ鮨三代目おとわ 伏見店
(6)冬の味覚おすすめ七撰・前半

テーマ:回転寿司 - ジャンル:グルメ

流れ鮨三代目おとわ 伏見店(6)

冬の味覚おすすめ七撰」キャンペーンが、2月末まで行われていた流れ鮨三代目おとわ 伏見店へ訪問。過去ずっと、カウンターの手渡しで食べていたが、初のテーブル席では、注文した寿司が、「流れ鮨」の示す通り、流れてきて坂を滑り、お盆ごと席に届く。


3otowa423otowa43
3otowa44


七撰の弐鰤づくし529円は、脂の乗ったブリの身をカットした、香ばしく炙った鰤の香味焼、上品な脂身が特徴の鰤とろの3貫。炙りが入ると、食感が変わっていいね。どちらが、鰤とろ?と思わせる脂ののったブリたち^^


3otowa453otowa46
3otowa483otowa49


つぶ貝172円は、柔らかいものの適度な歯応えがあり、ほのかな旨みと甘みが好き。だし巻き玉子205円は、柔らかく、じゅわっと出汁を感じる。この記事の中では、だし巻き玉子にハマリそう


流れ鮨三代目おとわ 伏見店 HP
■住所 京都市伏見区横大路芝生34
■営業 月-金11:00~14:00、17:00~22:00
 土・日・祝 11:00~22:00
■定休 無休(1/1を除く)
■クレジット 可


3otowa50
「冬の味覚おすすめ七撰」後半へ続く


過去の流れ鮨三代目おとわ HP
伏見店・春の味紀行、春の軍艦三昧
 〃 (2)夏の海鮮祭、鱧・鮎
 〃 (3)夏の海鮮祭、サーモン三昧
 〃 (4)春味満喫、活け赤貝
 〃 (5)春味満喫、富士三昧

テーマ:回転寿司 - ジャンル:グルメ

プロフィール

net21

Author:net21
最近、目が疲れやすく、皆様への訪問や、コメントの返事が、遅くなっております・・・

グリムス6本目育成中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード